ライフハック 思考法

30歳が考えるキャリア形成を無視した生き方

はじめに

ライフハックをし続ける人生があるとしたら、あなたはどうしますか?
今回は私自身キャリア形成といった概念を全く無視してはや30年。ここに来て一回整理しようと思います。

自分自身のキャリアといったものであったり、人生といったものの棚卸しを一度しようと思います。

人生は常にハックと共にあらんことを

かのスターウォーズで有名な『フォースとともにあらんことを』といったフレーズがありますが、私は常に『ハックと伴にあらんことを』、を念頭に置いて生きてきています。

人生常に壁を感じます。それは物理的な壁である場合もあれば、見えない壁・試練のような場合もあります。
そういった壁を乗り越えたり、壊して前に進むためには常に自分自身のハックとアップデートと同時に、その壁自身をハックする必要があります。

若いうちは苦労をいっぱいしたほうが良い、とどこかのおえらいさんが言っていたような記憶がありますが、私自身苦労した印象がありません。
もっと苦労を買っておきたかったと思います。今頃爆益になっていただろうに・・・とふざけたことも考えたりしますが、実際は他者より嫌な経験をしている場合が多いです。

そしてその嫌な経験といったものがなかなか通常では経験できない事象な事柄が多く、自分の人生に常に感謝しています。

結局ハックし続けていたからこそ、そういったレアでとても希少価値の高い経験をすることができたんだろう、と思えるケースも多々あります。
ハックし続けること、毎回同じ手は効きません。しかし、過去の経験から現在の壁に応用できたりヒントにしたりすることができた要素は多々ありました。

人生、常にハックと共にあらんことを

10代の私

常に金儲けのことばかり考えていました。
以前執筆した『【検証】小学4年生が実践した月収50万ビジネスを18年後に自身で検証してみる』といった記事があります。

こんなことばかりやっていました。
そしてそれが後にいい結果を生むことになったケースもあります。

人生何事もやったもん勝ちだな!と感じたのはこのときが最初だった記憶です。
そもそも10代は海外に住んでいたため、日本とは違ったアメリカンな脳みそになっていました。

よく海外かぶれとか言われることが多いですが、日本には日本の良さがたくさんあります。
そして、日本の良さ=世界共通ではないといったことも認識しています。

同時にアメリカであったり、いわゆる欧米の思考法がすべてでもないですし、世界共通ではないということも認識した上で発言します。

どっちも知っていること以上に強いことはない』といったことです。
海外かぶれ、といった発言で当の本人は口を閉ざします。

情報を引き出して、盗み出せばいいのに・・・と感じたことがありましたね。
もったいない・・・とここは日本人らしい思考が働いていました。

今の私だったら、ひっ捕まえてでも(2021年時点での)欧米の思考法を聞いたりしてみたいですね。インタビュー形式ででも。

20代の私

大学に入ったのが大きかったです。10代最後の方は音楽漬けの日々でした。とても充実していましたし、今でもいい思い出です。
ただ、その過程でやはりパソコン好きが今の私を形成するきっかけになりました。

IT業界に行きたいとかそういった気持はありませんでしたが、自然と足はこっちの世界に向いていました。
IT業界に入るきっかけとなったのが卒業した大学です。デジタルハリウッド大学です。

3年遅れで入学して、2016年に卒業して、新卒で入社した会社はまたまた挫折と失敗の連続で経験値だけは無駄に増えた印象です。

20代もし今戻れたとしても同じ道を歩むでしょう。だって今の自分の考え方であったり生き方は好きだから。

キャリアを無視した生き方

一般的に5年後自分はこの仕事をしていたい、といったような考え方でキャリアを形成する方多いと思います。
そしてそれが一般だからこそ、会話している中でも、私のようなキャリア形成?なにそれ状態の人は相手にしてもらえないことが多いです。

ただ、キャリア形成のために生きているといったのはキャリアに縛られているといった観点から見るとだいぶつまらないな、と感じたことがありました。
だから今の人生といったわけではありませんが、今の自分で居られるんだなと感じています。

キャリア形成はどこの誰のためにやっているのか私自身わかりません。自分のためと思いきや、家族のため、企業に居られるように上司のため、といった様々なステークホルダーが存在するような印象です。

自分だけで考えたら、キャリアをプランニングしてその通りに進まなかったらピボットして、の繰り返しは少し退屈に感じます。
ただ、ゴールやマイルストーンを置くことにはとても共感しますし、同意します。

なぜなら、振り返りが出来るからです。人生は失敗はしてもいいけど、同じ失敗をするような人材では有りたくありません。
だからこそ、失敗を糧にできるよう、きちんとどの部分を糧にするのか分析、ストックしておく必要があると考えています。

今後キャリアを形成することは自分といった個人でもそうですが、事業といった軸でも考えていきます。
自分自身の役職なんて正直どうでもいいレベルです。ただ、自分が掲げたミッションが意味を成していて、達成に必要なポジショニングがきちんとできているかを意識し続けていきたいと思います。

Pythonプログラミングを独学で学ぶなら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

EJ / KustomApe, Inc.

◼︎CEO&Founder of KustomApe, Inc. ◼︎愛するモノを守り続ける社会づくり ◼︎移動は進化を生み続ける ◼︎防犯システム『モビトラ』開発中 ◼︎車 / ドリフト好き ◼︎Python/AI/機械学習/データ解析/言語化 / 好奇心と学び欲だらけの夢を実現させてる。

おすすめ記事

-ライフハック, 思考法
-,

© 2021 影猿