note

【note】価値あるものに対価を払うに対して洗い出しを行う

はじめに

価値あるものに対価を払う、といった構造は当たり前のようで、意外と意識されていないことが多いなと感じております。
お金は流動的で、収益と支出のバランス、お金に対する敬意といった根本的な考え方を今更ながら学びなおしています。

今年30歳になるといった観点から、この一冊に出会いました。
そしていま読み進めている中で、様々な触発を受けながら、自分の今までのお金に対する敬意、収益と支出のバランスの悪さなどを振り返りながら、この先どうやって稼ぐのか?といった点に重きを置きながら、価値について深く考えるようにしようと改め始めました。

身辺整理

自分にとって本当に必要なものなんて脳みその生涯使用率を見ていたらわかるかのように、今あるものの3%ぐらいかもしれないですよね。
よく買い物をする時に、一晩考えてから購入すると後悔する率が低いですとか、買わない理由が価格なら、買え。もし買わない理由がそれ以外なら買うな。

こういった理論を見かけたりしますが、それは本当に人によると思います。なぜなら、一晩考えて株を買うのを躊躇していたら、翌日にはだいぶ変動しているはずです。

同じく買わない理由が金額なら買え、といった点に関してもある意味呪いの言葉になりかねません。
なぜなら、借金してまでも買う必要があるのか?借金してでも金額が理由だから、借金して買うぞ!といった自己肯定を始めてしまう人もいるはずです。

恥ずかしながら、過去の私はそういった部分がありました。

今は少しずつ変わってきています。月々の固定支出が苦痛なので、思い切って身辺整理をして、現金に変えて返済したらスッキリしました。

自分の身の回りもコンテンツもスッキリとさせることによって、フォーカスレベルが上がった経験があるので、今日もお天気もあいにくですし、身辺整理をしようと思います。

稼ぐ≠ハードワーク

これに関しては気づきが遅れましたが、頑張って作られた冷蔵庫と、使いやすい冷蔵庫どっちを買いますか?

頑張って企画されたイベントと、面白くて役に立つ知識が提供されるイベントとどっちに行きますか?

つまりこういうことだと思いました。個人の頑張りなんて伝える必要ないし、伝わったってあまり意味がないのです。
結果がすべて、といった言葉をずっと発言していましたし、新卒時代に「目的は何だ?手段は聞きたくない」と熱弁する上司がいましたが、目的なんて明快じゃないか?

頑張った結果、受け取ったモノがあるなら、それが対価なのかなと感じています。
頑張った結果、受け取れなかったのであれば、それは経験として次に活かす材料です。

30歳に近づいてきて感じることは、歳を重ねると無茶はできなくなるから手を抜き始めるのです。
しかし質は落としたくないし、落とせません。

効率化とか、生産性とか謳っていますが、私はそういったことのコアな部分は何なのかを深く考えるようにしています。
ハードワークの効率化は結果ハードじゃなくてミディアムハードぐらいに軽減化されるだけなので、あまり意味がないと感じています。

価値に対しての対価を受け取る最短ルート

自分をアップデートし続けて、その情報を発信することが今の自分に出来る最短ルートかと考えています。
結局様々なコンテンツやカテゴリーで生きてきましたが、相手に必要な情報を提供することが価値が高いと周りから言われて気づいた部分も含めてあります。

情報収集が早いからといって、レッドオーシャンのコンテンツ発信しても競合とぶつかりまくるだけです。
だからといって、ニッチな世界をアーティスティックに表現しても意味がありません。

マーケットをリサーチして、コアな部分をどう表現するかといった、自身の得意と掛け合わせてやるのが現段階でのやれることリストの1つだと考えています。

何より大事なのはいつだって環境だとも認識しています。
現状環境が鎖国時代の武士になっているので、外の世界に出ていく必要もあると考えています。

積極的に営業をかけるにせよ、コンテンツがまだ出来上がっていないので、こちらを作ることにフォーカスしていきたいと思います。
収益と支出のバランスを常に意識しながら、進めていきます。

買い物をなくす

しばらく買い物はやめます。

YouTube配信の準備ができたら、機材を揃え直します。
それまでは、車も車検を通さず一旦眠らせて、しばらく籠もって作業しようと考えています。

収益を上げ始めるまでは修行ですね。

Pythonプログラミングを独学で学ぶなら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ELu@KustomApe代表

◼︎KustomApe代表ELu(エル) ◼︎エンジニア ◼︎トレーダー ◼︎Python/AI/機械学習/データ解析/言語化 ◼︎セルフラーニング ◼︎速度・継続・忍耐/トレード でマーケット分析。好奇心と学び欲だらけの夢を実現させてるアラサー男子。自動売買システム開発中

おすすめ記事

-note
-

© 2020 NerdELu