A-SKが綴る情報発信書

未来を作るために現代必要不可欠な情報を発信

情報収集 情報発信 情報管理

【情報発信】Facebookを凍結させた

投稿日:

はじめに

Facebookなんてやめてやる!!
そう決意したとある日。

完全に情報収集として使っていた身としては、そんなに重要性なかった。
だからこそ、どうでもいいや!と思うようなこともつぶやく日も多かったです。

だからといって、アカウントを削除するのにはまだ早いと感じたので、次のSNSとか(そもそもSNSという定義が嫌い)、そういったネットワークが出てきたら、そっちに移行してからFacebookは削除しようと考えています。

結局Facebookは僕の中であまり価値がなくなってきていますし、なによりデータとして掲載しておくこと自体が気持ち悪く感じてきたので、Facebookは凍結させました。なので、もちろんですが、今後の連絡はFacebook以外でお願いします。

Facebookの価値とは?

ここ数ヵ月間で様々な事案がありました。
そんな中で特に目立ったのが、ブロック機能ですかね。

相手のことが嫌いだったり、嫌悪感を抱いたらブロックするというのは、当たり前かもしれませんが、僕はこのブロック機能が本当に嫌いです。だからこそ、「新しいブロック体験を作りたいな〜」とか考えたりするのですが、それもまたおかしな話と思いつつ、なんでそもそもブロックに至るのかがわからない時点でアウトなのかもしれませんが、考えれば考えるほど気味が悪くなってきます。

リアルの社会でのブロック機能とはまさに出禁ですよね。けど、それって対話しようと思えば出来る状況は残ったままでの、出禁というシステムが非常に納得がいきます。

SNSの社会でのブロックは本当にブロックしたら、もう無理ゲー状態です。

と、様々なことを考え始めると『Facebookの価値とは?』というところに行き着きました。
僕にとってFacebookの価値とは、まさに『時間を潰せる(潰すだけの)プラットフォーム』に成り下がっていました。本当にこれ以上でもなく、これ以下でもなかったのです。

元々目立ちたがり屋な自分にとって、これを買ったよ!とかこんなことしたよ!とかこんなところ行ったよ!!みたいなアピールは好きだったのですが、それっていわゆる今話題のSNS系○○の代表的なマインドセットだなと感じたと同時に(少し気付くの遅いよA-SKさん)、時間を潰すことしかしていないなと感じました。

結局今の僕にとって大事なこと

今現在を生きている僕にとって大事なことは、SNSに時間を費やすことではなく、SNSの代わりの世界を作ることに時間を費やした方がいい、ということに結論づけました。

時間をもっと大事に使おうとかではなくて、もっと生きていて楽しいと感じることに時間を使おう!にシフトしただけと言えばそうですがね。

こういうのって長続きしないよなー、とか感じながらもとりあえずメモすることは大事ですから、メモはしますよね。

僕は今自分をなんとかしないといけない状態になっているので、人様の『これ買った・やった・いった』自慢に付き合っているほど余裕がないのです。

『余裕がないって悪いことだぞ☆』とか言ってる人の相手をすること自体も無駄に感じてしまうぐらいには、どん底にいるので、どうぞお気になさらないでください。笑

今の僕はエンジニアとして再起するため、そしてデザイナーとしてのマインドを手に入れるためのインプット、アウトプットを繰り返せる環境作りが大事なのです。

人と会うことはします。したいです。
けど、金銭的にも困窮しているので、本当にそれも実現できぬほどには落ちていますので、どうぞご了承ください。

結論、僕はセルフィッシュになる

自己中心的になります。

なので、Facebookはしばらく?当分?永遠に?凍結させます。
ご連絡は、今後一切Facebookではつかなくなりますし、見たとしてもそちらでは返信いたしかねますのでご了承ください。

相変わらずですが

相変わらずPythonの習得のため日々カタカタやっていますが、本当に楽しい。
こっちでやっぱり生きたいですね。業務になったらアレかもしれませんが。

とにかく!Facebookとはおさらばだ!

Ads-bottom

Amazon

  • この記事を書いた人

A-SK

I am Indie Developer / Media Scraper / AirDepot / Blogger / 86owner / JS / Python インディーデベロッパー兼メディアスクレイパーです。 AirDepotという名義で今は個人事業主+本業で企業に勤めています。 ブログはセルフブランディングが目的で綴っております。

-情報収集, 情報発信, 情報管理
-, , ,

Copyright© A-SKが綴る情報発信書 , 2018 All Rights Reserved.