A-SKが綴る情報発信書

未来を作るために現代必要不可欠な情報を発信

情報収集 情報管理

【情報収集】Googleの様々なサービスを使って、情報収集を最大限化

投稿日:

はじめに

今では知らない人はいないGoogle。本当に便利なサービスや機能がたくさんあります。
Googleのサービスを使って、情報を効率的に集めて、共有することも1つの便利な情報収集の手段であり、方法です。

今回、私が多用しているGoogleサービスを実際にどのように活用しているかを交えながら、紹介したいと思います。
前提として、僕のアカウントとその契約内容も軽く紹介しながら、話を進めさせていただければと思います。

GSuiteを使って、運用中

Googleには独自のドメインがあります。例えばですが、メールだったら、@gmail.comのように、末尾にgmail.comとつきます。今回私が利用しているGSuiteを使うと、末尾のドメインを自分が所有しているドメインor自分がこれから取るドメイン名などに変更することが出来ます。もちろん、利用自体ある程度のコストはかかりますが、本気で事業を始めたり、起業するに当たってはマストな要件となってきます。

僕は末尾が@airdepot.ioのドメインをメインで使っています。
サーバーは別でレンタルした上で、ネームサーバーなどの設定を変更して・・・と今回手順は省かさせていただきますが、連携した上で利用可能となります。

今回は@gmail.comと@オリジナルドメイン、どちらでも使えるノウハウをお伝えしたいと思います。
今回へGoogleDocs限定でどのように汎用的に使えるかをお伝えしたいと思います。

Google Docs

こちらGoogle Docsは言わずと知れた、文章を書くのに特化しているサービスです。

僕はこのGoogle Docsを主にオンラインオフライン問わずMTGしている時に活用しています。しかし、この使い方は非常に一般的な使われ方として広く知られています。今回、少し違った視点からどのような使い方出来るかを僕なりに考えて実践しているパターンを紹介したいと思います。

ライター業で

ライター業をしているとき、文書校正などをお願いする場合があったり、原稿の確認のようなフェーズがあります。
その際にこのGoogle Docsを活用しています。Google Docsに原稿を貼り付けて、オンラインでそのドキュメントのURLを共有します。

この際に気をつけなくてはいけないのが、GSuiteを使っていると、組織内だけでの共有になっている場合が多々あります。
どういうことかと言いますと、@hogehoge.comのアドレスを持っている人のみ閲覧可能という状態になっていることが非常に多いです。毎度確認することを強くオススメします。

もちろん、組織内限定での共有でしたら、こちらはONにしておかないと機密情報として漏れてしまう可能性もあります。
どちらにせよ、確認は一度することを強くオススメします。

話が脱線しましたが、ライター業でよく使うのが、コメント機能です。
原稿を汚さずに、どのようにして校正を行うのがいいのか?と悩んだ際にはこの機能を使うことをオススメします。

Screen Shot 2017 12 04 at 18 34 28

このようにして、コメントを使い出来ます。
何より便利なのが、このコメントに対しての変身

  • 修正いたしました!

のようなコミュニケーションもこの上記右側のコメント画面で出来ます。
なので、原稿には一切影響を与えずに、やりとりが可能となります。

もちろん、どこにコメントされたかわからない・・・という懸念事項に対しても、コメントされた部分にはハイライトされるので、問題ありません。ライター業ではこの機能を一番多く使います。

プランナー業で

企画書を鬼のように、日々書き訂正し、提出するという業務をこなしている方も多くいらっしゃると思います。
そのような方にオススメなのが、Google Driveでのフォルダ整理です。

そして、このフォルダ整理にも肝があります。カンバン式でフォルダを作成するのです。
カンバン式についての詳しい情報はこちらの書籍をご一読ください。

Trello方式でもいいかもしれません。
意外とフォルダ整理をすると、期限が明確になり今何をするべきなのかが瞬時にわかるので、悩むという無駄な時間が軽減されます。もちろん、今日のタスクの中にたくさんタスクがあれば、それなりにどれから着手しようか悩む時間は発生するかも知れませんが、とはいえ軽減は格段にされます。

僕の場合Google Drive内でカンバン式フォルダを作成したら、アナログでポストイットで優先順位をその日のうちに決めておき、翌日作業に着手する前に、再確認した上で今日のスケジュールと照らし合わせて着手します。

昨日の時点での予定やタスクは日が変われば変化することも多いのです。
結論、プランナー業に限らず、カンバン式フォルダ整理はオススメです。

Googleのサービスは応用次第で情報収集で最強を発揮する

Googleのサービスで最近僕が気になっているモノ、そして集中的に利用しているのが、こちらのAlloです。
Alloを使えば、コミュニケーションの手間が省けるのが一番の魅力だと思います。

人工知能が、次に送りそうな文章を予測してオプションとして表示してくれます。
このようなチャットアプリに限らず、新しいモノに対してのアンテナを張ることはもちろん大事ですが、それと同様にどうしてこれが必要なのか?そしてそもそもGoogleとはどういった歴史でスタートした企業なのか?など考察を繰り返すことにより、新たな発見、そして次に見るべき情報のソースが見えてきます。

Google Scholar

Google Scholarのようなサービスも魅力的です。

学術論文や学術誌、出版物などの中から キーワードや特定の記述などを検索することができるサービスで、Web上にある学術論文をまとめて表示してくれます。普段なかなかローカルだと手に入れにくい情報ソースが手に入ったりするケースも多いので、たまに利用する程度ですが、これらを活用することにより歴史は繰り返す原因・要因・パターンなどを学ぶことが出来るかも知れません。

Think Insights

Think Insights
マーケティングに活用する ツールをまとめているサイトです。ケーススタディなども提供されているので、企画を立てるときなどの参考にすると非常に効果的に活用できるケースが多いです。

YouTubeなどでのマーケティングなど、今トレンドなYouTuberなら一読しておいた方がいいのではないでしょうか?魅力的な読み物がたくさんあります。

Inside Search

Inside Search
Googleの公式 ブログで、主に情報検索関連の情報や、開発に関する情報などが提供されています。
Googleファンや、Googleの株を持っている方など、Googleの動向を知るなら、一読すべきブログです。

encrypted.google.com

encrypted.google.com
SSL(Secure Sockets Layer)を利用することによってプライバシーが保護された、安全な検索が行えるサービスです。
少し恥ずかしいと感じる情報収集であったりを調べるときにこちらを活用する方がいたりします。

ちなみに、SSLとは、 インターネット上での通信を暗号化する技術のことで、検索する際に入力する検索 キーワードを暗号化して、プラバシーが保護された状態で検索をすることができます。なので、通常のGoogle検索と同じような画面で、そのまま検索ボックスに検索キーワードを入力するだけで利用できます。

Google トレンド

Googleトレンド
検索されたキーワードの、検索ボリューム検索が多い地域などを調べることができるツールです。

情報収集するなら、絶対必要なサービスの1つです。
調べたいキーワードを検索ボックスに入力して検索をすると、そのキーワードが過去にどれくらい検索されたのかを調べることができます。また、その日トレンドな言葉やバズった言葉などを調べることも出来ます。もちろん言葉だけでなく、プロダクト名であったり、企業名を入れることも出来ますし、プログラミングの言語で人気なのはなんだろう?という疑問にもきれいに回答してくれます。

さらに、Google検索上で急上昇している検索ワードがトップページに表示されますので、最近の流行やユーザーの関心についても知ることができます。ユーザーの関心について調査できるのは、非常に大事ですし、今何がユーザーにとって関心が高いのかを知れることは生死を分けるレベルでの、大切な情報になってきます。

最大で5つのキーワードを入力して比較することができます。

Google Correlate

Google Correlate
検索ボックスに入力した キーワードに似たパターンのデータを表示してくれるサービスです。

例えばプログラミングと調べると、時期にもよりますが、ページの上部に入力したキーワードと相関しているキーワードが表示されます。

調べるとき、必ず「Country」が「Japan」になっていることを確認してください。
下部には、入力したキーワードが2004年以降どのように検索されているか、という動向がグラフで示されます。

キーワードがどのような変動をしているのかが分かれば、その キーワードに沿った施策などを考えることができますので、強くオススメしたいツールのひとつです。

Google Keep

Google Keep
ポストイットのように使用できるリマインダーサービスです。

「 テキストメモ」「リスト」「ボイスメモ(音声入力を テキストに変換したメモ)」「写真付きメモ」の4種類のメモを作成することができます。

カレンダーとは違って、細かい手間のかかる設定などないため、気軽に利用できます。
一例ですが、通知したい時間の設定をする際、具体的な時間は決まっていないけれど、夕方ごろ通知してほしい、というようなおおまかな設定も行えます。

設定できる範囲は、「明日」「来週の今日」「午前」「午後」「夕方」「夜」から選ぶことが可能です。

Googleアラート

Googleアラート
Googleアラートは、自分の気になるコンテンツやトピックについての最新情報をまとめてメールで通知してくれるサービスです。

配信時間などの設定も可能なので、朝通勤時間帯に読みたい場合でしたら朝に設定すると、その時間に配信されます。
テクノロジー系から、芸能系まで幅広く指定できるので、情報に枯渇しにくいです。しかし、その一方情報の波に飲まれる可能性が高いので、精査はマストで必要です。

僕は朝と夜で読み分けていますが、本当に精査が必要なので、精査力は非常に上がります。
是非、使ってみてください。

さいごに

今回Googleのサービスを使った情報収集のデータの整理方法の一例と、僕が主に使っているGoogleサービスの一覧を紹介しました。
一体こんなのどこで使うの?というモノもあるかも知れませんが、登録してみる、使ってみる、疑問を感じてみる、とのように、みる戦法をひたすら使いましょう。もしかしたら、あなたにフィットしないサービスもあるかもしれません。

と同時に、めちゃくちゃフィットするサービスがあるかも知れません。使ってみる、考えてみるなどのようなアクションをひたすら繰り返すうちに、投資家のような鋭い眼が手に入るかも知れません。

是非活用してみていただければ幸いです。

宣伝

今週金曜日、12月8日からAmazonサイバーマンデーが始まります。
ボーナスモデルこの時期、以前これらの記事で紹介したアイテムをゲットするチャンスです!

【情報発信ガジェット】DysonのHot&Coolは情報収集時に持ってこい

はじめに 日本には昔から便利な言葉があります。その中でも好きな四字熟語で(ことわざも好きなのですが)頭寒足熱という四字熟語があります。冬場寒いとついつい暖房を入れてしまいがちですが、そうすると頭がボー ...

続きを見る

【情報発信ガジェット】学習・読書・作業用デスクライトはこれしかない

はじめに 今回ASK401を開設するに当たり、コワーキングスペース用にオフィス用品を吟味しています。 そんな中、デスクライト自分用にほしいな!と思い立ち、今回リサーチ含め、購入しました。 価格帯、それ ...

続きを見る

【情報発信ガジェット】デスクとデスクチェアはこだわろう

はじめに 情報発信を行うにしろ、情報収集を行うにしろ、環境というモノは大事です。 ASK401では、最近コワーキングスペースを開設するに当たり、デスクやチェアの整備を始めました。 デスクチェアはすでに ...

続きを見る

18時開始なので、仕事帰り、ASK401利用中に是非チェックしてみてください!

記事の中で紹介したアイテムがセールになるかは不明ですが、類似品でもいいものはたくさんあるので、要チェックです。

Ads-bottom

Amazon

  • この記事を書いた人

A-SK

I am Indie Developer / Media Scraper / AirDepot / Blogger / 86owner / JS / Python / #ASK401 / #ASK401workspace お問い合わせ/// eisuke[@]airdepot[dot]io

-情報収集, 情報管理
-, ,

Copyright© A-SKが綴る情報発信書 , 2017 All Rights Reserved.