情報収集

【情報収集】情報収集に必要なのは変態心と下心

はじめに

今朝にポストした投稿に掲載した新機能ですが、早速反応がありました。

【お知らせ】新機能をブログに追加いたしました

はじめに ここ数日間更新を怠っておりましたが、本日より再開です。 この数日間何をやっていたかといいますと、基本的にブログの改修を行っておりました。 細かいところですが、その改修した部分に関して、お知ら ...

おかげさまで、少しずつどのようなニーズがあるのかを掴みつつあります(回答数1件 - 2018年1月22日14:50現在)
母数としては非常に少ないどころか、信頼度とかは関係ありませんが、読みたい!と思ってもらえるような記事を随時更新していきたいと思います。

今回は、情報収集に関してよく聞かれる、どうすれば情報収集ってできるの?という点について執筆していきたいと思います。

アンケートでふざけて(ないけど)YouTuberやってよ!という項目を追加しましたが、あれ実はオンライン動画講座的なのでもやろうかな?とかざっくり考えていたが故の回答候補なので、もし気になる方いらっしゃいましたら、Vote!していただけると参考にしたいと考えております。

情報収集なんて変態だよ

よくよく考えてみてください。情報収集って極端な言い方すると、好きなモノ関しての情報を漁りまくるってことですからね。

一歩間違えたり、入る庭を間違えると逮捕!なんてあり得るモノに習性としては似ています。
ただ、僕は牢屋に入りたくないし、仕事に役立ったり、人との会話で盛り上がれる情報を収集したいので、その庭には入りません。

けど、大事なのはその変態心、執着心をいかにポジティブに働かせて情報をかき集めてくるか、という点だと考えております。

僕自信、変態かどうかはさておき情報収集に関しては非常に貪欲に行っております。ほしい情報を定めるときもあれば、人が喜ぶ顔が見たい!という目的から収集する情報などもあります。

いつの時も大事なことは、自分はその情報を何でほしいの?そして何にどう使いたいの?という点です。
1つのウェブサービスの使い方に関しても、アプリに関しても触り続ければ、新たな発見って意外と今でもあります。

いじり続けて、ここに使いづらさがあるよね!ということをメモするなりして、自分だけのサービスUX不平不満ノートなどもあります。本当にネチネチしている作業かもしれませんが、その変態とも呼べる、執着心がサービスをよくしたりすることが多々あります。

下心丸出しなやつほど、情報収集に向いていない

例え話ですが、異性と会ったときに何を考えているか(本心)が、相手に伝わってしまっている人は正直情報収集に向いていません。下心というのは、心の下にあるモノなので、本来なら見せるべきモノではないとメディアスクレイピングでは考えています。

その下心をいかにうまく隠せるか、という点が情報収集に大きく関わってきます+サービスの向上につながる情報収集ができます。

情報収集ってサービスを知ることだけではない

情報収集って生産性上げたりしたいから、どんな手法がいいのかを探る、と考えている方も多いと思いますが、僕の場合は違います。情報収集って結局自己満足なんです。ただ、自己満足で終わらせるか終わらせないかがメディアスクレイパーの肝でもあると思います。

その自己満足をどうやって世の中に訴えていくか、定義していくかがメディアスクレイパーの役割なのかな?と考えています。結局メディアなんて腐るほどありますが、精査して、必要な情報を必要なときに必要なだけ入手するというのが最強説です。

情報収集することによって、サービス改善につながることってすごく多いです。
僕の普段やっていることを紹介します。

YouTubeとInstagramの情報収集例

YouTubeはよく世間の話題であったり、ガジェットの動画だったり、音楽動画を見ています。
そんな中で、まず持つべき視点はスムーズに閲覧したいから、面倒は面倒です。

どういうことかといいますと、動画を一度閲覧して『あ、あの映像も一回観たいな』と思ったとき皆さん何しますか?
検索バーに当時の思い出をよみがえらせながら・・・とかやっていると思いますが、なかなかヒットしないことも多いと思います。

情報収集はスピードが命です。あと、変態心ね。
そんなときにそんなことやってたら間に合いません。僕はそんなとき履歴ページに行って、そこからキーワードを一言入力して検索します。一度観たことがある映像であれば、必ず履歴の中にはあるはずです、アカウントが複数存在していない場合は

同じくInstagramでも、アカウントの切り替えの方法はたくさんあります。
一番速く!ということを考えると、メニューバー(スマートフォン下部)の自分のプロフィールアイコンを長押しして、切り替えるのが一番速いです。そのほかにもプロフィールページに行って、そこから上部のアカウント名をタップして〜などありますが、一番速い!のは圧倒的に前者です。

そういう意味でショートカットができる人は変態なので、情報収集向いています

変態って悪くないよ、この世界では

情報収集する人=変態というわけではないので安心していただきたいのですが、考え方としては変わった考え方であったり、現状に不満を持つことだと思います。

不満を持て!といって持てるようなものでもありませんが、使い続けるうちに『こんな機能があれば・・・』なんて思うことも多々あると思います。それがいわゆるここで述べている不平不満です。

考え方を少し変えてみたり、視点を変えることは本当に大事ですし、情報収集をする上でマストです。
一度変態(犯罪にはいかないで)な気持ちで、サービスとふれあっていたり、スマートフォンと会話していると新たな発見が多々あります。

さいごに

今回は主に変態な考えについて書きましたが、次回もう少し具体的に(まともな)ノウハウをお伝えできればなと思います。

Pythonプログラミングを独学で学ぶなら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

中西英介 / KustomApe, Inc.

◼︎CEO&Founder of KustomApe, Inc. ◼︎愛するモノを守り続ける社会づくり ◼︎移動は進化を生み続ける ◼︎防犯システム『モビトラ』開発中 ◼︎車 / ドリフト好き ◼︎Python/AI/機械学習/データ解析/言語化 / 好奇心と学び欲だらけの夢を実現させてる。

おすすめ記事

-情報収集
-, ,

© 2021 影猿