Dev Django GoogleAnalytics Python

【Dev】DjangoにGoogleAnalyticsを導入した

はじめに

今回はDjangoで作成したアプリケーションにGoogleAnalytics(以降GA)に導入する手順をメモとして残しておきます。

GAを導入すれば、アクセス解析、どのページで離脱しているのかを見ることが出来て、改善の際に有利に働きます。

僕自身このブログにGAは導入していて、大変お世話になっているくせに、全く活用できていませんが、こちらも勉強ですね。

GoogleAnalyticsのタグを取得する

GAの場合、headタグの中にスクリプト入れましょう、とかよく言われるんですけど、Djangoの場合はちょいと違うらしくて、資料を漁り導入しました。

GAを持っている人は、左メニューの下の方にある管理ボタンから、プロパティを作成で新規で作ります。

ga screen

こんな画面で選択できるので、Webを今回は選びます。

そして、下にスクロールして続行ボタンを押します。

input screen

情報を入力していきます。
ポチポチと入れたら、作成を押します。

そうすると、左上にトラッキングIDと呼ばれるUAから始まる番号がありますので、UA-数字をすべて選択してコピーしておきましょう。

僕はコピーした後にまた別のコードなどをコピーして消し飛ばすんですけどね。

tracking id

トラッキングIDがきちんとsettingsファイルに指定されていて、かつ、DEBUG=Falseの状態(本番環境など)のときのみに利用できるテンプレート変数、GOOGLE_ANALYTICS_TRACKING_IDを作成する必要があります。

こちらを利用可能にするために、独自のContext Processorを作成しなくてはいけないらしい。

プロジェクト直下のsetting.pyと同じディレクトリに、context_processors.pyというファイル名でファイルを1つ作ります。

なお以下のコードはこちらから引用しております。

<

div class="hcb_wrap">

<

pre class="prism line-numbers lang-python" data-lang="Python">
from django.conf import settings

def google_analytics(request):
“”“
DEBUG=Falseの場合に、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを返す
”“”
GoogleアナリティクスのトラッキングIDをsettings.pyから取得するsettings.py内に、GOOGLE_ANALYTICS_TRACKING_ID=’自分のトラッキングID’を書き込んでおく
ga_tracking_id = getattr(settings, ‘GOOGLE_ANALYTICS_TRACKING_ID’, False)

# DEBUG=FalseかつGoogleアナリティクスのトラッキングIDを取得できたら、
# テンプレート内で'GOOGLE_ANALYTICS_TRACKING_ID'という変数を利用できるようにする
if not settings.DEBUG and ga_tracking_id:
    return {
        'GOOGLE_ANALYTICS_TRACKING_ID': ga_tracking_id,
    }
return {}</code></pre></div><br />
こちらの設定が完了したら、次にsetting.pyに追記します。


TEMPLATES = [
 {
 ‘BACKEND’: ‘django.template.backends.django.DjangoTemplates’,
 ‘DIRS’: [],
 ‘APP_DIRS’: True,
 ‘OPTIONS’: {
 ‘context_processors’: [
 ‘django.template.context_processors.debug’,
 ‘django.template.context_processors.request’,
 ‘django.contrib.auth.context_processors.auth’,
 ‘django.contrib.messages.context_processors.messages’,
 ‘django_blog.context_processors.google_analytics’, # 追加
 ],
 },
 },
]

テンプレートにGAを挿入じゃ!

templateのフォルダ直下にga.htmlを作成して以下をコーディングします。


%MINIFYHTML84a8f4f669d7ab109fe507489178a86618%%MINIFYHTML84a8f4f669d7ab109fe507489178a86619%

自分のトラッキングIDの部分は先程のUA-数字の情報を入力してくださいね。
僕と同じで消し飛んでると思うので、気をつけてください。

そして、Base.htmlに書きを追記します。


{% load static %}

<!DOCTYPE html>
 
    
 {% if GOOGLE_ANALYTICS_TRACKING_ID %}
 {% include ‘ga.html’ %}
 {% endif %}
{% block content %}{% endblock %}



これであとはGA側での動作確認をする前にきちんとデプロイすること、そしてDEBUG=TrueはDEBUG=Falseにしておくことです。

忘れるとDEBUGされちゃうと同時に解析がまともにできませんよ!僕のことです!

では、ハッピーGAライフを!

ドリフトに興味が湧いたらこの一冊

Pythonプログラミングを独学で学ぶなら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NeuΛsK

NeuΛsK ◼︎エンジニア👨‍💻 ◼︎YouTuber@BlackRabbitTV🧔 ◼︎KustomApe代表 ◼︎マーケティング/データ解析 ◼︎個人トレーダー💴 ◼︎Python/Django/Design

おすすめ記事

-Dev, Django, GoogleAnalytics, Python
-, , ,

© 2020 轟Street