A-SKが綴る情報発信書

未来を作るために現代必要不可欠な情報を発信

ガジェット

【情報発信ガジェット】学習・読書・作業用デスクライトはこれしかない

投稿日:

はじめに

今回ASK401を開設するに当たり、コワーキングスペース用にオフィス用品を吟味しています。
そんな中、デスクライト自分用にほしいな!と思い立ち、今回リサーチ含め、購入しました。

価格帯、それから前回同様にユーザビリティの観点からも、試行錯誤を繰り返しました。

絶対的コストパフォーマンスと最強のデスクライトはこれだ!

eufy Lumos E1 LEDデスクライトは今までのライトの中で最高級といっても過言ではないほどの安定した動作と価格で提供されています。

今回購入したのは、新型のEufyのデスクライトです。

ちなみに、旧型は少しお安く提供されています。
しかし、今回なぜ新型を購入したのかを説明しながら、旧型と新型どちらの方がいいのかを情報収集した上で出した結論とともにお伝えします。

Eufyをなぜ選んだか

Eufyとは?の問いがあると思うので、Eufy公式サイトから引用してきました。

Eufyは、これからスマートホームをはじめる皆様に手頃な価格で実用的なソリューションを提案するスマートホームのエントリーブランドです。

最新テクノロジーと洗練されたデザインを融合し、生活を今より便利に、そして家族との時間をより楽しくする製品を提案して参ります。

Eufyは、モバイルライフを応援する「Anker」の姉妹ブランドとして誕生しました。

大切にしたいのは、”ゆとり”。毎日の生活を最新テクノロジーでサポートし、生活に時間とこころのゆとりをお届けします。

Eufyがあれば、今よりも毎日が特別に。ゆとりある生活で、毎日をもっと明るく、楽しく過ごしましょう。

とありました。
手頃な価格帯で、実用的なソリューションを提案するスマートホームのエントリーブランド。このエントリーブランドという言葉の通りスマートホームを始めやすく、尚且つお値段もお手頃で非常に取っ掛かり易いプロダクトがたくさんあります。

今回デスクライトという観点から見ると、スマートホームでも何でもないかも知れませんが、何より他のプロダクトをEufyで揃えたいと思ったときにデザイン的にも統一されていた方が良いと感じEufyをセレクトしました。

ロボット掃除機なども、今後価格的にもEufyで始められたらいいな〜と妄想する日々が続いております。

実際に使ってみる

以前僕は以下の旧型を使っていました。

しかし、部屋の圧迫とともに手放してしまいました。今回引っ越したこともあり、新型を思い切って購入しました。
その上で旧型と新型の使い勝手を実際に使った身から解説していきたいと思います。

旧型Eufyデスクライト

ボタンがシンプルで、4段階のカラー調整、5段階の照度調整が可能です。また、スタンド部分とLEDパネルは可動式となっているので、好みに合わせて角度を調整することができるのも非常に魅力的であり、強みでもあると思います。

しかし、幸か不幸か新型も同じ機能を兼ね備えています。ボタンがシンプルという事は、こちらの方がすっきりしているのでは?という意見をお持ちの方もいるでしょう。正直答えますと、シンプルにしすぎたが故に、ライトの照度調整がタップで変更するので、4から5に上げるときにボタンのタップ数を間違えると、5を通り過ぎて、1まで行ってしまうこともあります。

この点だけ使いにくい!と感じさせられました。しかし、色味・明るさ・サイズ感どれをとっても文句のつけようがなかったです。
もし、それこそトライアルでデスクライト買ってみたいな!と思っている方がいるのであれば、この旧型をオススメします。

新型Eufyデスクライト

 

こちらですが、先に述べた照度調整、同じくタップ式なのですが今どの明るさなのかが目で見てわかるように改善されています。
そのため、押しすぎだったり、「今どの段階の明るさだろう?」という疑問をすっきりとさせてくれます。
その代わり、ボタンの数は2つに増えたのですが、(カラー調整・照度調整専用にそれぞれ1つずつ)、まったくもって目に触るようなことはありません。

また、デザインもシャープになり、より一層角度調整などがしやすくなりました。
予算的に余裕がなくても、僕はこちらを買うことを強くオススメします。

サイズ感は両者ともにあまり変わらず、デスクの隅に置く分にはまったくもって気になりません。
また、高さも角度も変えられるため、背筋を伸ばして読書したいとき、集中して机に向かって資料を作りたいときなど、どちらのケースにも柔軟に対応してくれます。

さいごに

今回作業には欠かせないデスクライトを紹介しました。
Eufyに特化しての紹介でしたが、僕がEufyファンというわけではないのにも関わらず、これだけ魅了されているプロダクトはあまり僕自身経験としてもなかったので、Eufyに的を絞って、今回は紹介させていただきました。

また、気になるプロダクトありましたら、収集がてら、発信していきたいと思います。

Ads-bottom

Amazon

  • この記事を書いた人

A-SK

I am Indie Developer / Media Scraper / AirDepot / Blogger / 86owner / JS / Python / #ASK401 / #ASK401workspace お問い合わせ/// eisuke[@]airdepot[dot]io

-ガジェット
-, , , ,

Copyright© A-SKが綴る情報発信書 , 2017 All Rights Reserved.