note

【note】平穏な人生を選びたくても選べない今

はじめに

1週間前に、とある仕事を請け負いました。
その関係で今、今回の依頼主の知人であると名乗る得体の知れない不特定多数のものから嫌がらせを受けたり、いたずら電話を受けたりと日々ストレスフルな時間を過ごしています。

僕としましては、警察に相談し証拠としてのやり取りのすべてを記録・保管しております。

なぜこうなったのか?

僕は相手と対話ができる場合必要に応じて謝罪したり、状況に応じての対応を心がけるようにしています。

ただ、現在報酬はもちろんのこと経費もすべて僕の懐から出ているものになり、非常に困った依頼主だなと感じながら過ごしています。

嫌がらせのおかげでInstagramのアカウントも削除、Twitterも鍵アカウントにする必要性が出てきたため、現状そのような措置を取らせていただいております。

そもそも当初の話と違う件であったり、コロコロと内容が変わり、業務を完了しようにも納品先との連絡が取れず、依頼主経由でのコンタクトになっていたのが非常に大きな原因と考えています。

こういった依頼は今後断る

こういった事前に共有される情報が少ない、不確実なものは今後断ろうと言った学びになりました。

今回は信頼ベースの元行っていたため途中までの記録などが抜けているなどあります。

友人・知人の間での取引は非常に慎重に行わなければいけないなと感じています。

よって、今後契約書を交わさないような案件は断るようにします。

平穏な人生とは?

警察沙汰になっていますが、警察は第三者の観点から僕自身の身の安全を確保すること、そして納品物は整備不良の車輌である事実もあり、こちらとしても困惑しています。

所有者も依頼主は自身のだと言っていたものの、実際は違うなど話が混沌としており、困惑のオンパレードです。

平穏な人生を選べるなら選びたいなんて考えていますが、こういった刺激的な日々も僕を生かしている1つの理由かもしれません。

平穏な人生とはそもそもなんなのか?と考えたりもしますが、こういったトラブルのない仕事をしたいなとか、企業に属して同じルーティーンを繰り返してみたいなとか考えます。

平穏な人生を選べないなら荒波に引き続き

荒波を超えればコロンブスのようにアメリカ大陸を発見できるかも、とか。

年齢が30歳を手前にして、やはり焦りが出ているのかもと考えたこともありましたが、それは他者と比較しての話です。

僕は僕でカーネル・サンダースのような生き方をするかも知れないし、自身の人生を歩み続けます。

人生は激しいほうが楽しいけど、寿命縮まる。

結論、人生は自分で作っていく。

ドリフトに興味が湧いたらこの一冊

Pythonプログラミングを独学で学ぶなら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NeuΛsK

NeuΛsK ◼︎エンジニア👨‍💻 ◼︎YouTuber@BlackRabbitTV🧔 ◼︎KustomApe代表 ◼︎マーケティング/データ解析 ◼︎個人トレーダー💴 ◼︎Python/Django/Design

おすすめ記事

-note
-

© 2020 轟Street