A-SKが綴る情報発信書

未来を作るトレンド情報を発信

情報収集

【情報収集】モノを買うことは最大の情報収集手段の1つであります、しかし

投稿日:

はじめに

モノを買うことはいけないことだ!節約しないといけない!
というマインドは非常に大切であります。ただ、お金は代わりはいくらでもありますが、モノはその時その時でトレンドであったり、その時に入手しないと意味がないという代物も多くあります。

そんな時、何を軸にモノを買えばいいのかを今回は検証していきたいと思います。
大前提として、モノを買うことは、資産運用の1つであります、ということです。

そのモノがないと生きていけない

まず、そのモノがないと生きていけないパターンです。
例えば、スマートフォン(いわゆる通信機器)、冷暖房器具とかですね。ベースになるのは、衣食住という便利な言葉が示してくれます。
スマートフォンは衣食住という言葉に入るのか?という疑問に関しては、今のご時世入るでしょう。住環境、という意味で含んでいます。

しかし、例えばですが冷暖房器具が完備してあるのにもかかわらず、同じ部屋にもう一台ダ○ソンの冷暖房器具あるのは必然的な事案でしょうか?あれば便利・・・しかし、なくても生きていけるという事案に関しては、そのモノがないと生きていけない、というカテゴリーには入りません。

僕はよく昔から、あったら便利アイテムというものを買いあさっていました。しかし、このあったら便利アイテムというモノは、後々売れるか?と聞かれると全くもってのゴミになります。情報発信をするために、情報収集は必ずしなくてはいけませんが、収集する際にも、これは世の中の人に役立つだろうか?と悩んだ際には、この”これ”は人が生きるために必要なモノなのだろうか?というところまで細分化してみるのも非常にオススメです。

しかし、洋服というモノは生きるために必要ですが、3万円のTシャツと1000円のTシャツとで用途が違います。この際には自分の現状持っている服の中での相談になりますので、また別ベクトルでの話になります。

すでに持っているけど、新規・追加購入の際には用途別に分ける

「Tシャツがほしいな〜」とざっくり思ったり、アパレルショップの前を通った際に「あ、このアウターいい!」と思うことは多々あると思います。ただ、それはただの欲であり、欲というモノは時間が経つと減少するモノでもあります。意外と買った後に後悔することがありますよね。それって実は買った事への後悔ではなく、欲求が時間が経つとともになくなった、だけのことだと思います。

決して、買ったから無駄、ということにはならないと僕は考えています。
なぜなら、アウターなんていくらあっても消耗品なのでいつかは新しいモノを買わないといけないからです。
だから、数ありゃ便利ってものです。その欲はどのようにして抑えればいいのか?一番簡単なのは冷静になることです。

しかし、人間一番簡単でシンプルなことほどなぜか苦戦します。そこで、まずは頭の中で目の前にあるアイテムと同じようなアイテムを思い出します。ライダースジャケットにでもしておきましょうか。

似たようなライダースジャケットの黒をもうすでに持っていたとします。しかし、目の前にあるのは秋にも着られそうな、渋いブラウン。「ああ、ほしい」と思うでしょう。ここではまだ頭の中では「色違いだから」という言い訳が出来ています。

そうしたら、次にそのライダースジャケットの使用頻度を考えてみましょう。そのライダースジャケット毎日着るっけ?うん、毎日着るね。となったら次の段階です。

最後に自分に言いましょう。「今持っているライダースジャケット大好きなら、同じのもう一個買おうよ!」ってね。
これが究極の抑制力です。もう一個買おう!同じモデルで色違い、同じモデルで同色のモノを買おう!そっちを探そう!と思考を切り替えると、目の前にあるアイテムはどうでも良くなることが多いです。

それでもまだ悩む場合は勢いに乗らず、一度店舗を離れてみましょう。後オススメは、店員さんと仲良くなって、一旦取り置きしてもらうことです。そうすることにより、「行くのめんどくさいな」とかなって、どうでも良い欲が強くなります。
ただ、必ずキャンセルの連絡は入れましょう

ここまでは、どちらかというと入手しないパターンを紹介してきましたが、次からはそのアイテムはどうしても入手したい、だけどその後が・・・というパターンにアプローチしていきます。

そのモノは1ヶ月後以降売れるものか?

例えば、代表的なアップル社のiPhone。これを入手したい!ともう心に決めました!となったときに、情報収集の観点から言うと、是非手に入れた方がいいでしょう。しかし、iPhoneならiPhone、別のモノなら別のモノで買うと決めたモノが1花月以降売れるか?という質問を念のため自分に聞いてみましょう。

価格ドットコムなどで、前期型のモデルの販売価格や、販売の下落推移を見ながら1ヶ月後に飽きた場合売れるのか?を念頭に置いた上で購入ボタンを押しましょう。

比較的ガジェット系は1ヶ月以内もしくは1年以内ならまだ高値で売れますが、新型モデルが出ると店頭での前期型モデルも値下がりするので注意が必要です。

情報収集するためにアイテムを入手したら・・・

即座に売りに出しましょう。収集が終わったら、即座に売るもしくは即座に使いこなせるようになることです。
なぜなら、そのアイテムはあなたがパイオニアユーザーになれる可能性が大きいからです。

即座に売るかどうか迷っている場合は売りましょう。その時の判断軸は今日使う?or明日使ってみようのどちらかによって変わります。今日使わないモノは基本的に明日も使いません。翌日にもったいない、とか言わずに収集用に撮影した写真をメルカリに登録するだけです。一番もったいないのは、使わずに放置してしまうのがもったいないです。

情報収集とは、いかに新しい情報を手に入れるかです。古い情報&モノをいつまでも持っているのは情報収集とは言えませんゴミコレクターです。

モノを買ってしまい後悔の念に襲われている人の良くあるパターン

夜にAmazonとか、ヨドバシドットコムとかを見て、「ポチッとな」とか言ってる人です。
こういう傾向の人は、必ず後悔しています。どれくらいいるのですか?という愚問は置いておき、高確率で後悔しています。
夜の買い物はやめましょう。せめて、欲しいものをメモにペンで書いておきましょう。

意外と朝になると「え?こんなモノほしかったの俺/私?」とかなりますので。

まとめ

情報収集はお金がかかります。オンライン上の情報だけでは古い情報が混在し、非常に純度が低いからです。
実際に現場に足を運び、収集する癖が必要です。

その際に買い物というキーワードは必ず付いてきます。買い物をする際には、

  • そのものは生きるために必要ですか?
  • そのものをすでに持っている場合、同じのもう一個買いません?どうせなら
  • そのもの1ヶ月後財布を潤してくれる値段で売れます?
  • 収集終えたらすぐ換金しましょうね!ゴミコレクターですか?
  • 夜に買い物はやめましょうね!

これらの問いを自分にもう一度してみてください。
本当に必要ですか?必要な場合は上記の項目を潰してから買うと情報収集という名目の枠から出た素敵なアイテムに高確率で出会えますでしょう。

皆さまのお財布がパンクしないよう節約しながら、楽しい情報収集生活を送れますように。

Ads-bottom

Amazon

  • この記事を書いた人

A-SK

I am 👉 Indie Developer / Media Scraper / お問い合わせは 👉 eisuke_nakanishi[@]12knox.com

-情報収集
-, ,

Copyright© A-SKが綴る情報発信書 , 2017 All Rights Reserved.