轟Street

SoftwareEngineerが綴るPythonメインの開発日誌と戯言

post on facebook

note

【note】Facebookに投稿したものを改めて考える

はじめに

数日前にFacebookにとある投稿をしました。

働くことが当たり前、仕事をしているのが当たり前。

その当たり前ができてない僕ですが、僕なりに考えたりやることやったりしている日々ですが、それを頭ごなしに否定してくる人が居ます。
働かざる者食うべからず、という言葉があります。
働きたくないと言って働かない人は別として、働きたいのに働けない人へのメモとして書いておきたいことがあります。

もし自分が今働けてなくて、収入をどうしようと悩んでいる人が居たら、みんなの当たり前通りにやらなくてもいいということを伝えたいです。

働けることは幸せなことだし、仕事があるというのは過去の自分の結果かもしれないけど、今それを悩んだってしょうがない。

僕は2019年職場を転々としました、恥ずかしくて書けないぐらい転職しては失敗して、今国民保険にも入れず、前職と揉めています。労基に行く日々、税務署に行く日々、ハローワークに行く日々。そんなのダサくて、みっともないと感じた時もありました。

でも、生きるってそういう”恥ずかしい”から脱却しないといけないし、とりあえずやってみるということが大事だと思った。

幸いプログラミングが出来て映像写真の撮影編集が出来るからYouTuberやってみたり、コード書いてそれをちまちまと売ったり、noteにして細かくも稼いでみたり。

額としては小さいです。けど、その100円とかがすごく重たく感じられます。日々100円で買う時何も考えずに買ったりしていたけど、よく考えるようになりました。

塵も積もれば山となる、それは金額以上に経験値が積もってきました。バカみたいなこと、見下されること、そういう経験がIT界隈でのUXにつながったりします。

嫌な思い、反吐が出そうな経験、いっぱいしてきたし、これからもたくさんすると思います。

今働けない人、それについて悩んでいる人。
まずは自分とにらめっこしたほうがいいということだけ伝えたいです。他者の意見なんて聞かないほうがいい。

自分と見つめ合って、「自分は本当は何がしたいんだっけ?」と考えて書き出してみるとスッキリします。

やると決めたらやればいいと思います。
ただ、誰にも言わず、ひっそりと思いっきりやりきることが大事だなと感じています。

働いてないのかよバーカ!と言われたこともあるけど、今に見てろよ。
ランボルギーニでお前の家に突っ込んでやる。

という思いで今年は生きていきます。

とてつもなく長文だけど素直な気持ち

こういった長文を掲載したところ自分としては久しぶりな30オーバーのイイネをもらいました。

実際のところこう感じる節が多々ありまして、他人に意見を求めるからには自分がしっかりしていないとあっという間に破壊されて粉砕されて終わります。僕が以前リクルートに居た頃に、相談する前によく考えて、なぜ?をたくさん問うことが大事だよ、とうっすらとした記憶の中にあります。

なぜ?なぜこの仕事をやりたいのか?なぜこの趣味をやりたいのか?なぜこの機材を買いたいのか?

すべては自分しか答えを持っていないし、自分だけが持っているべきです。
答えは自分の中にしかありません。そういった答えを編み出せていない状態で、他人に聞いても自分にフィットする答えは出てきにくいと考えています。

もちろん、世の中的に大半を占める常識とか一般的な答えとか、一般的に正と捉えられがちな答えは返ってくると思いますが、この文章をじっくり読むまで悩み抜いてる人に対してそういった言葉は響かないどころかノイズになります。

この文章ももしかしたらノイズに

ノイズというのは人それぞれ違います。

その人が何を求めているかによって、この文章もノイズになる場合もありますし、ポジティブに動く場合もあります。

ノイズと感じるのはタイミングの場合もあれば、根本的に考え、思考性が違う場合などから生まれることが多いですが、そういった場合そっと記事を閉じていただけると幸いです。

新年始まったばかり、整理を少しずつ

新年始まった1月、15日目になりました。

一般的に月が半分終わったことになります。

後半もガンガン攻めていきたいと思います。

ドリフトを今年は極めたいね
そんな仲間も募集しています。

ドリフトに興味が湧いたらこの一冊

Pythonプログラミングを独学で学ぶなら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NeuSk

NeuSK ◼︎エンジニア👨‍💻 ◼︎MT車高短ドリフト好き◼︎KustomApe代表 ◼︎2020年代表取締役 ◼︎トレーダー💴 ◼︎Python/Django/Design

おすすめ記事

-note
-

Copyright© 轟Street , 2020 All Rights Reserved.