KustomApe note ライフハック

【note】新卒で入社した後つらいと思ったら見ると良いノート

はじめに

僕は4年前の2016年に株式会社リクルートに新卒で入社しました。
入社前から意気揚々としていて、僕はあのリクルートに入るんだ!と意気込んでいました。

かの有名な〇〇さん、起業家の〇〇さんもリクルートで働いた後に起業して、成功を収めている!僕も頑張るぞ!と目をキラキラさせながら、入社までの日数を心から楽しみにしていました。

以前書いたエントリーで、僕が退職した時の話をしていますが、御存知の通り結果を残せず退職に至りました。

しかし、僕は今のほうが目がキラキラしていますし、意気揚々としています。
そういった根拠のない自信で、成果の出ていない30歳目前の僕から一言。

新卒入社はゼロサムゲームではないし、それが人生で楽しいところ』だということを今日は伝えながら、万が一入社後に躓いてしまったら、ぜひこの記事を読んで打開策のヒントを編み出していただければと思い、筆を執りました。

入社後の配属先

入社したら配属先が決められたりします。

僕は第一希望の配属先どころか、第三希望の配属先に配属されました。
そして、当時僕が配属された第三希望の株式会社リクルート住まいカンパニーは当時第一希望じゃないと入れないと言われるぐらい人気だったそうです。

しかし、当時の僕はなぜ第三希望に・・・そして第三希望の職種で・・・と打ちひしがれた思い出があります。
今思えば自分がやりたいこと・出来ることなんて現役のリクルート社員から比べたらちっぽけです。

自分の居場所を神様が照らしてくれたと思えば良いと思います。
僕は幸いにも他の企業にあったり、営業職にあるような地方に配属といったものがなかったので、僕の思考としてはラッキーでした。

ただ、配属先に一瞬不満を覚えましたが、後々のことを考えると『ご縁のあるところに自分は配属される』といったジンクスは本当にあります。

配属先、不満と同時に不安も覚えると思います。けれども、リクルートでの『不を解決する』に値する『不満・不安があるなら自分で解決せよ』と捉えたら、どこか心が楽になりました。

ご縁があるところに入社したのだから、配属先も社名や場所は不満でも、人は自分に合ってるかもしれませんよ。あくまで僕の経験則です。

入社後の上司

はじめましての先輩ですね。

僕ははじめての上司Kさんには今でも感謝しています。
そして、メンターのAさんにも今では本当に後悔の念ともっと話したかった、もっとぶつかりたかったという想いでいっぱいです。けれども、今からどうこうできる問題ではありません。

だからこそ、この後悔をこういった形で未来継承していければと書いています。

あなたの上司になる人は新卒の自分からしたら潰しにかかろうと来ていると感じることも多々あるでしょう。

自分が発言した内容に対して、『いや、それは〇〇(ネガティブ)だから、やめたほうがいい』といったようなことも指摘してくるかもしれません。

その言葉を一度ゴミ箱に捨てるのではなく、一度心のポケットにしまってみること、おすすめします。

はじめましての関係、はじめましての上司、それはあなたの長い社会人生活でのはじめての出会いです。

僕は今は後悔しかありませんが、それをバネにしています。同じように後悔する羽目になっても大丈夫です。

ああすればよかった、じゃあ次はこうしようと気づかせてくれた先輩だからです。

先輩・上司は本当に面白いし、冷酷です。けど、お金を稼ぐってそれだけ必死にならないと出来ないこともこれだけの大きな企業だとあるのかな、とかそのうちわかるかもしれません。

本気≠冷酷です。ただ、本気だから真顔になるし、ちょっと怖い感じ出るかもしれません。

不安に思ったら人事に相談したり、先輩の同期や、同僚に聞いてみるのも良いかもしれません。

あなたはひとりじゃないです。

入社後の業務

なんかつまらねーなーとか、難しいなーとか感じることあると思います。
僕にとってはすごく難しく、すごく躓きました。けど、神様は越えられない壁は渡しません。

僕は語尾がきついなと感じたり、集中するべきところが少しずれてしまっていたせいで、メンターと摩擦が起きて自分が腐食してしまいました。

けれども、そんな中でも必死にやったけど成果につながらなかった。安心してください。
成果はそんなに早く出したらつまらないです。ゆっくりこねくり回してやってから、徐々に大きくしていけば良いのです。

僕は成果を急いだ結果、自分が分離してしまいました。

入社後の業務、今思えば楽しかったです。難しかったし、色んな人に叱られたり、冷たい目で見られたような感じはしたけれども、それもいい経験です。

つまらない業務を面白くしようとあれこれ提案してみたり、自分が楽しくいられる状態を少し、エッセンスを少し足してみるのも1つ手かもしれません。

やらぬ後悔より、やった後悔です。

体の異変を感じたら

それでもやっぱりきつい・・・厳しい・・・
と感じたら、即座に人事に相談しましょう。

無理は本当に良くないです。少しの無理が重い未来を生み出します。

僕はあのとき一時離脱してよかったと思っています。

休むことは悪いことではありません。自分を偽って無理するほうが僕は悪いと思います。

休職したっていい。無理なときは無理!とアラートをどんな形でもいいから出すことです。
恥ずかしくなんてない。恥ずかしいと感じるのは周りと比べるからです。

あなたはあなた、僕は僕です。

不安なことだらけ

不安なことだらけかもしれません。

でも、楽しいことがもっと待っています。
新しい仲間、自分のレイヤーで集められたエリート達。

そんな仲間とこれから新しい年度をスタートできるのです。

僕が4年前に戻るなら、今と同じ選択をしているでしょう。

なぜなら、僕は今の自分に後悔はあるものの、それを反映させながら楽しく強く生きていられているからです。

ちょっとは器用に新卒出来たかもしれないけど、結果は今と同じ個人事業主になっているでしょう。

僕は会社を、世の中を、日本をもっとアップデートしたいとずっと考えています。
いずれ起業するなりして、世の中を、日本をアップデートします。

その途中経過でしかないし、僕は自分の人生きちんと説明できます。

悲しいことも、ムカついたこともネタのように話せます。

人生何事も自分次第です、2020年度4月から新卒の皆さんおめでとうございます!

そして、就活に失敗した人たちも、今時間があります。それは新卒の皆さんより優位なことです。

自分が本当にやりたいことはなにか?自分がなぜそれをやりたいのか?を繰り返し自分と議論して、自分を思いっきり楽しんでください。

困ったこと、悩んだこと、困っていること、悩んでいること僕で良ければ聞きます。
TwitterのDMでも相談に乗ります。

いつでも連絡くださいね。

さいごに

Life is short, but it will be deep and dope depends on yourself.

人生は短いけど、自分次第で深くもドープにも出来るぜ!

春が来ました、花粉症つらい。

ドリフトに興味が湧いたらこの一冊

Pythonプログラミングを独学で学ぶなら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NeuΛsK

NeuΛsK ◼︎エンジニア👨‍💻 ◼︎YouTuber@BlackRabbitTV🧔 ◼︎KustomApe代表 ◼︎マーケティング/データ解析 ◼︎個人トレーダー💴 ◼︎Python/Django/Design

おすすめ記事

-KustomApe, note, ライフハック
-, ,

© 2020 轟Street