design four theories

note UI UX デザイン

【note】デザインの4原則を改めて振り返っておく

はじめに伝えたいこと

Carkuruのデザインを改めて行うためにも、デザインについてもう少し学ばないとだめだなと感じ、改めてデザインの4原則についてまとめておこうと思いました。

クルマもデザインと言えばデザイン。
さー、まとめておこう!

近接

関連する要素をまとめること

これを常に念頭に置くことです。
例えば、関連性が高い文字は出来るだけ近く配置する(4px程度)
のように、情報はまとめる必要があります。

整列

要素を揃えて整列すること

左揃えだったり、右揃えが多発すると、混乱したUIになりがちです。
そういったものを防ぐために、左揃えに1つのまとまったグループ情報はまとめましょう。

反復

要素のスタイルを繰り返すこと

ブログの記事の部分のように、タイトルは1つのパターンで統一を心がけます。
色味やフォントサイズなども出来るだけ、揃えましょう。

コントラスト

文字の大きさや色でメリハリを付けること

目立たせたい文字は大きく太く、濃くが大原則ですね。

design guide 01

このイメージ画像だとわかりやすいですね。
全体が黒だったら、その上に白いカードを置いて、その中に一番大きく太く濃いフォントをまず最初に読むでしょう。

このようにデザインをレイアウトするとわかりやすいですね。

引き続きCarkuruデザインに応用していきます

学びは日々あります。
どんどん追加していきましょう。

知識と技術を追加して、次のパスを引いていきたいですね。

ドリフトに興味が湧いたらこの一冊

Pythonプログラミングを独学で学ぶなら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NeuΛsK

NeuΛsK ◼︎エンジニア👨‍💻 ◼︎YouTuber@BlackRabbitTV🧔 ◼︎KustomApe代表 ◼︎マーケティング/データ解析 ◼︎個人トレーダー💴 ◼︎Python/Django/Design

おすすめ記事

-note, UI, UX, デザイン
-, , , ,

© 2020 轟Street