学問 思考法

何かをSNSで宣言することが不利に働く場合もある

はじめに

何かをSNSで発言する、宣言する人を見かけたことがありますでしょうか?
私自身、よくSNSでダイエット宣言、〇〇を作る宣言を幾度となくしてきました。

しかし、結果としてリリースまでたどり着いてものは皆無に等しく、やるといったらやらないと!という脅迫概念に襲われ、結果として出来ないととても落ち込むことが多々有りました。

結果から申し上げますと、宣言するのはリリース後でもいいのではないだろうか?といった仮説が人によっては最適な場合があるのではないでしょうか、といったお話です。
言えばやらないと!言えばやってやる!となる人もいれば、逆の方もいらっしゃる場合もあるのですから、落ち込む必要はないです。

私は周りが宣言しては達成しているのを見て、私もそうやってみよう!と有限実行してきましたが、内容を有限実行出来たか?と聞かれたら皆無です。

リリース後の宣言の方が精神的負荷が小

私はリリース前に〇〇を作ります!その過程をSNSに上げることにより、快楽を得ていました。
しかし、結果として途中で自己満足してしまい、お蔵入りに鳴ってしまうパターンが多いです。ほぼその状態です。

そこでリリース後に宣言、発表することにより、具体的で資金集めも含め非常に効果的な部分が大きいと感じました。
なにより、精神的負荷が非常に少なくて済む印象です。

結局リリース云々は非常に精神的に負荷がかかるものですし、それをたかだかSNSにアップするか否かで本来のプロダクトとは別のところで負荷がかかっては意味がない、といった認識から、私の場合はリリース後に発表すると言った方法を取ろうと決めました。今。

作りたいものはたくさんあってもいい、しかし

私は比較的作りたいもの、達成したいことが多いです。
しかし、最近改めて読み直している『エッセンシャル思考』によると、選択すること、トレードオフすることによって生まれる生産性の高さ、集中する点を減らして、集中する点に一直線に向かうと言った方法が自己達成感から、幸福度も上がるよなといった印象を改めて受けました。

つまり、サマライズするとあれもこれもだとどれもそれも手に入れられないし、何も残らないといった意味合いです。

自分が作りたいもの、情熱を注げるもの、人より少しでも長けている何かを、誰のために、どういった優先順位で、最優先事項は?といった項目を並べて深く検討する必要があります。
私にとってこの考える時間をもっと多く持つことにより、さらなるパワーアップを図れると考えています。

自分が手に入れたいもの、実現したい世界をどのようにして作っていくかを深く検討してい行きたいと思います。

そのためにも、何かをSNSで宣言することが、私にとっては余計なノイズとなるのです。

皆さんも、周りがこう言っているから、こうやっているから、すべてがあなたにとって最適解かと言われたら齟齬が生じる可能性が非常に高いです。

私は私の道を歩んでいきたいと思います。

Pythonプログラミングを独学で学ぶなら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

AsK

当たり前の仕組みを、すべての人へ ■ KustomApe合同会社 - CEO ■ 経営者 / カリスマ講師 / エンジニア ■ 車 / ドリフト / カスタム車 ■ C35ローレル乗り

おすすめ記事

-学問, 思考法
-,

© 2021 AsK